アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

“虹の種とも”の意味

アコが今月から作った“てくてく楽空 ~麻古楽と虹の種とも通信~”の
“虹の種とも”のお話をします。

アコの中でみーんな“虹の種を心に持ってるお友達”なんだなーって思います。

この前お友達が久しぶりにアコのボディワークを受けに遊びにきました。
その子は最近外国に行って、なんだかふわふわする今の自分の感覚に
戸惑ってる感じがしました。

25歳の時、初めて友達とフィリピンに17日行ってきた時の自分を思い出して
うん、うん、とうなづきながら話を聞いてました。

そのふわふわする感覚すっごく大事!
その今の気持ちを丁寧に愛したらいいよーと伝えました。

アコもフィリピンから帰った時、1ヶ月くらいふわふわしてました。
その時、お友達からかけてもらった言葉をそのまま伝えました。

「肉体は飛行機に乗れても、心は飛行機に乗れないんだってー、
心ってゆっくり、ゆっくり、船便で帰ってくるの。それでいいの、だからいいんだよー。」

その子は、ちょっとぼんやりした顔で「へぇ~~」と聞いてくれました。

「タライの船で帰ってくるか、フェリーで帰ってくるか、それは誰もわからない。」

「なんか安心したー。」その子はホッとしてました。
その顔が8年前のアコの顔とだぶって見えて、ギュッとなったその時の自分を
走馬灯のように思い出しました。

(フィリピンでいろんな気づきをもらったんだけど、この話すると長くなるので‥‥)

ボディワークにはいって、ゆらゆらとお話してました。

「なんかー、自分だけすごくのろく感じる。なにやってるんやろって焦るんだ。」

その子はポツリと言いました。アコは虹の種の話をしました。

「みんなねー、自分が緑さんなのに、黄色さんがキレイやいいなーっていう。
黄色さんは、青さんみてカッコいい~うらやましいっていう。
青さんは、赤さんを見て自分こんな色で嫌や、赤みたいになりたいなーって思う。」

「人のカラーは関係ない、人のスピード感も関係ない、自分の色を楽しめばいいの。
神様が君はこの色がキレイやしどうぞってくれた、そのままの色を楽しめばいいの。
人の色はよく見える、人のスピードは早く感じる、みーんなそうなの自分だけじゃない。」

「私はそのままのカラーを楽しむわ!ってキラメキ出した時、
なんかねー、無理しんでもすっごいキレイな虹ができると思うんだー。」

「そうやねー、イイねその話。」ちょっとほっぺに赤みが差した友達が言いました。

自分のカラー(価値観)を大事にすることって、そのままの相手のカラー(価値観)を
大事にすることなんやなーって思うようになった。

100人いたら100通りのやり方があるから面白い。
1000人いたら1000通りのカラーがあるからキレイ。
10000人いたら10000通りの思いがあるから発見がある。

なーんかそう思うようになったら、無理してた自分が自分のペースで
だんだんゆるんでる感覚を感じる、すっごく楽しんでる。のんびりだけど確実に。

だから生きてるってすばらしい、だから神様ってすごい。

相手のカラーをそのまま、そうや!オールオッケーなんや~って言える人に
なりたいし、気づいた人からなっていけばいいんやと思いました。

そのためには自分のカラーを褒めること、目の前にある自分を許すこと。

茶色があってもいいのー、黄緑があってもいいのー、どんな色も包み込む
それが虹のカラーやと思うの。代表は7色かもしんないけど間あいだには
いろーんな色があるんだと思うんだー。

いろーんな人がいるから、活かしあって自分が活きる。

“虹の種”それは、種を飛ばしたら、種にお任せ~風任せ~。

芽吹く場所も、芽吹く時間も、咲くか咲かないかも‥‥すべて手放したもの。

自分のカラーを楽しむ、相手に期待しない、それが“虹の種とも”。

そーんな意味が詰まってます、あっでもアコの中での意味だから
あんま読まずにサラッと聞き流してー。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-19 18:35