アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

いつも律する自分の感覚

お金のセミナーのお話をふまえて、1つのお話を書きたいと思います。

いつも自分には責任があると思っています、自分を律する感覚。
いつも自分がブレてないか自分に問い続ける感覚です。

自分の中の核なる自分が喜んでるかどうか、いつもアコは問い続けています。

*** *** *** *** *** ***

いつも仲良くさせてもらってるお店の人から、
「アコちゃん、てくてく通信とショップカードなくなったよー。」
という連絡があったので数週間ぶりに遊びにいきました。

いつものようにキャッ、キャッと談笑していると、その店主の人が
「アコちゃんに聞きたいことがあるの‥‥」と急にまじめな顔になって聞いてきました。

「なんですかー、なんでも言ってー。」アコもふむふむと聞きます。

「うちのお店のお客さまでね、〇〇さんの変なうわさを聞いてね。
〇〇さんから不本意な契約をさせたれたーとか、
何か買わされたというよくあるお話なんだけど、アコちゃん友達だって
前話してたし、アコさんはどうなんだろって思って。気分悪くしないでね。」

〇〇さんは、アコのお友達ですごくイイ子です、素敵な子です。

アコもそんなうわさは聞いていました。大人になったらよくある話。
ふ~~~んって感じ。その子の選んだことやし、その子の核の問題。

“契約させられた”とか“買わされた”ってのも自分の核がNOー!と
言えない自分の問題を相手に転嫁した、その子の問題。

それについてアコと店主はぜーんぜん興味はないんですねー。

店主が言いたいのは、そこに“自分のお客様が不快に思った事実”が
あったということなんですね。

その店主さんはアコによく自分のお客さんを紹介してくれる人なんです。
アコと〇〇さんとつながっている、アコさんはどうなんだろう?
自分が紹介したお客さんを不快にさせるような人に今後紹介できない‥‥。

そういう意味をもった質問でした。その気持ちよーーーくわかります。
アコもそうですから、アコは信用している人にしか自分の大事なもの紹介しません。

アコは言いました。
「その話はなんとなく感じていました。そうなんじゃないかなーって祈ってました。

アコもその(勧誘の)話、ほぼ同時(その子じゃないけど)2人に誘われましたよ。

でも自分の中でワクワクもしないし、興味もない。
自分のお役目じゃないなーっ思ったのでやんわり断りました。

2人ともイイ人だったので、そっかーと引いてくれましたよ。

人のからだをさわらせてもらう仕事をしています。
アコは、からだをさわらせてもらいます、時にはその人の心までさわらせてもらう

信用してもらって、いろんなその人をさわらせてもらいます。
そんな自分には、自分を律する責任があるんです。いつも心に据えてます。」

「私も同じ気持ち、お店を立ち上げて10年以上たったけど
その気持ちってすごく大事なのよ。信用なんて一瞬でなくなるのよね。」

店主がなんで、その〇〇さんに対して残念やーっと思うのかというお話すると、
〇〇さんはモノ作りが大好きで、ずーーっと長年コツコツとモノを作っていました。

その店主はそのコツコツやっていて誠意のあるこんな人がいるよーと
お客さんから聞いて、自分のお店のスペースの一部にその〇〇さんの
“モノ”を置いて販売できたらいいなーとお話をすすめていたそうです。

さー置こうかーと進めていた途中、違うお客さんからその〇〇さんが
自分のお客さんを悲しませたという事実を知った‥‥というワケです。

アコはその話を聞いた時、年末から感じていた胸のモヤモヤというか
悪い予感があたったなーとちょっと残念に思いました。

あーー、アコも友達に〇〇さん何人か紹介したけど、今後はできんなー、
あーー、でも早めにわかってよかった~~~♪とも思いました。

そのお店には、他のボディワーカーのショップカードも置いてあったんですが
その子にもそういった話があるとお客さんから聞いて、
申し訳ないけど自分のお店にはおけないとお返ししたそうです。

その店主さんも、アコと同じように自分の核をいつも持って経営されてるんだなー
これからもどんどん仲良しになっていけるな~と嬉しくなりました。

「残念なことやけど。それは彼らの価値観やし、それぞれの幸せ大事にしようね。」
ってその店主と笑いながら確認しあいました。

〇〇さんもアコも、すべての人も今はただの通過点。
それぞれの学びがあってオールオッケー!イイもワルいも誰も裁けない。

店主さん、ホッした顔して喜んでくれました。
「アコちゃんのこと信用してるよ。またお客さん紹介するからよろしくねー。
アコちゃんらしくやっていけば大丈夫よ。応援してるからねー、がんばって。」

アコも自分を律しし続ける自信がもてました。自分を信じてよかった。

すべてのものに“謙虚”であり続けること。

お金のセミナーでもつじさんが言ってた
「自分の中のお金の器以上の大金を持った人がおかしくなるだけ。
自分の中のお金の器は、意識していけばゆっくりだけど少しずつ大きくなります。」

アコは時間をかけて自分に見合う“器”を手に入れたいと思ってます。
あわててません。“ありがとうの引換券”、人のご縁ででっかくて温かい人になりたい。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-30 14:57