アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

HAPPY CAMPER (5)

朝起きると7時をとっくに過ぎ、‥‥遅寝なうちらの周りはもうとっくにガヤガヤ。



「スウさん、おはよ。 アコの足も少しもんでちょ。」

「アコちゃん、おはよ。うんわかったよ。 ありがとうなんか足軽い。」

「スウさん、すぐ寝たもーーん。」


そのあとしばらくスウさんのポワ~ンとした温かい手でほぐしてもらったり
むくんでる太ももに圧をかけてもらって、まんべんなく流してもらったり。


「アコちゃん、車準備して朝ごパンでも食べますか?」

「そうですね~、スウさん美味しいコーヒー入れてちょーよ。」

「オ~ケー、ちょっと待っててね。」

スウさんは嬉しそうにコンロでお湯をわかします。

いつも朝ごパンとコーヒーを準備するのはスウさんの役割。

コーヒーが苦手なアコに合わせてスウさんいそいそと作ります。

「お砂糖とミルク大目に入れといたよ~。」



朝起きてみると、大きくてキレイな道の駅。

背面の山の前には川が流れていて、国道の前面向こう側には電車が走ってました。

朝食を終え、道の駅探訪。

“下呂”のマップガイドを買います。




お皿を片付け、辺りを散歩しながらゆらゆら歩くと

昨夜、道の駅を共有したハッピーキャンパーたちの車、車、車。

半分はもう出発してたけど、半分はアコ&スウみたいにゆっくり。




その中に80歳を越えたおじいさん&おばあさんのキャンパーもいました!

アコ&スウ、も興味深々でチラリ、ホラリ。

フワフワ動き回るおじいさん、スライドドアが片方あけられてて
フラットになった場所にお布団とかクーラーボックスとか。

その横に座布団に座りながら、ぽんやりお茶をすするおばあちゃん。


「見た~~~~!アコちゃん、すっごいハッピーキャンパーだ!」

スウさん興奮気味にアコに知らせます。

アコもすっごいね~、ステキやね~と感心します。

うちらも将来あーゆー感じで楽しむんかね~とフフフっと微笑みます。



なーんか自分らの40年後とか50年後とか想像しておかしくなった。



「さぁ!アコちゃん、下呂温泉に向けて出発!」

「オーケ~!下呂に向かって出発じゃ~~~!」


ステキな道の駅にバイバイして、山道を登って山道をくだって下呂を目指します。



「ね~、ね~、やっぱ国道沿いやからやと思うんやけど
ずーーーと川に沿って進んでるよね。 ずーーとずっと水に守られてるね。」

「そうだね~、守られてるねー。アコちゃ~ん、山も川もキレイだね~、すごいねー。」

「幸せだね~。」

「幸せだね~。」



スウさん号は、ビュンビュン軽快に(ビュンビュン抜かされながらもマイペースに)
ハッピーなアコ&スウを乗せてビュンビュン下呂に向かいます。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-10-01 17:59