アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

心の栄養補給 大充電 完了!  

先々週は、外をちょこちょこ出歩き、人にいっぱい会ってました。

先週は、家で過ごすことが多く、静かに静かに内観(?)してました。




さすが~に!金曜の夜になるとウズウズで、マナとスウさんを誘って
久しぶりに外食することにしました。

アコとマナは、

「お米が食べたい! いつもと気分の違うとこで夕飯食べたい!」

というのが共通のワード。





‥‥で港の方にある、大野にあるアロハシャツ屋さんのナラくんに教えてもらった
ゆる~い感じのハワイアンのお店で3人ロコモコを食べることに。

はぁ~美味しかったー。





なーんか久しぶりな感覚。
(↑ 外食が久しぶりというんじゃなくて、華やかしいとこで食べるのが~です)




その後、3人で “ 金城温泉 ” に行きました。




木曜日の夜、ボディワーカー友達集まって久しぶりに交流セッションをしました。





最近、顔や手先の乾燥・足首やお腹周りの冷たさを感じてて

毎日半身浴か足湯をするようにして

“ その日の冷えを翌日に持ち越さないよう ” 気をつけてたつもりでした。





この “ つもり ” が要注意!なんですよね~。





ペアー組んでもらったほぐしさんとこの上杉くんに丁寧に、丁寧に触っていただいて

あ~、ほんとに “ つもり ” なだけで、めっちゃ冷えてる!‥‥と気づかせてもらって

からださんにほんと申し訳なかったな~と反省しました。





そーいえば、いつも楽しみにしてるスウさんと週末温泉浸かり、最近してなかったな~。




いつの間にか改装してキレイになって気持ちよさもよくなった金城温泉で3人じっくり。




ポカポカになりご満悦。





土曜の夜はスウさん珍しく、「アコちゃんと夜景が見たい。」

ということで、医王山のプラネタリウムのある場所に連れっててくれました。





日曜になり、「今日どこ遊びにいくー?」と言っていると、スウさんが

「立山にある “ まんだら遊苑 ” にアコちゃんを連れていきたい。」

と言い出し、いつものことながら遅めの朝食?早めの昼食を食べて出発。




立山への道中2時間ちょっと、小さい時の話をしたり、旅の話をしたり

仏の話をしたり、アホ~な話でウハウハ笑いあったり‥‥いつまでも話が尽きません。




途中、井波彫刻の道の駅でかわいい昇り龍に挨拶しました。




“ まんだら遊苑 ” の先に “ 立山博物館 ” へ。

ここには、立山の自然や、立山信仰などがわかりやすく展示してあります。




「この前は、白山信仰の展示会に行ってきたし、なんだか山岳信仰に
ご縁があるのかね~。」

などといいながら、ゆらゆら見る。




そこから車で少しまた山手に進んであるのが、 “ まんだら遊苑 ”

立山の自然の中に、現代アートによる“まんだら”ワールドが広がっていました。





最初に進むのは、“ 地獄 ” 、そして “ 餓鬼 ” のワールド。





井戸へ何かを叫ぶと、その声が広がって、広がって大きく太く(不気味に)帰ってきます。

大きな川の上へ、透明な橋を渡って渡って見下ろします。

暗くて、赤くて、狭い箱に入ります。




“餓鬼”のワールドを進みながら、最近近所の人と

“ 餓鬼の世界 ” と “ 仏の世界 ” のお話したことを思い出していました。





おだやかな緑の園を越えると “ 天界 ” へのワールドに入っていきます。





密閉された “ 箱 ” という部屋の中、天界をイメージしたアートが並びます。

夕暮れ時の時間、人もまばらということで響く “ 箱 ” の中で

スウさんはチベット風(?)に、アコはどこかアリア風(?)に大合唱しました。





あ~~~~!響く中、 “ 声 ” という音色をってほんと気持ちいい!





全体が鏡張りの箱の中、2人で踊ってみたら

鏡に映るいっぱいのアコとスウさんが踊り出して、めっちゃパラダイス。




いろんな楽器の部屋、雲の部屋、色彩の部屋‥‥

ほんと天界にいるような繭の中でしばし2人で寄り添って眠りました。

音あり、香あり、皮膚からも伝わってくる感覚あり、面白かったです。




最後、暗い・暗い、でもなんか気持ちいいトンネルを抜け、(現世)駐車場に戻ってきました。





カモシカなんかもいましたよ。





カップルでも、家族でも、楽しめそうなところでした、すごくよかった。





「2年前旅に出る前に1人で来たんだー、夕暮れの今ぐらいの季節
いつかアコちゃんを連れてきたいなと思ってたんだよー。」


「そっか~、ありがとう!スウさん、とても面白かった!」


「来年また出発前に来ようね、今度はもうちょっと早い時間にゆっくりと。」


「うん、そうしよー。そうしよー。」



駐車場に待たせたサンくんを労って、また金沢へ向け出発した。




もう夕暮れも進んで、辺りはだーいぶ暗くなってきつつありました。

立山の森は、いっぱい いっぱい澄んだ空気をくれました。





気持ちの栄養補給、大充電 完了!


ありがとう、ありがとう、ありがとう!



さぁ~~~あ、今週もキラキラ、ワクワク顔晴るぞーー!

アコの中にあるコップから あふれたキラキラ、ワクワクを

今あるご縁にゆっくりと~、丁寧に、丁寧に配れたらいいな~と思います。




今日も風が吹いている、いつも気持ちよく流れてる、フワフワ・フワフワ流れてる。





富山県・立山博物館 五響の森 “ まんだら遊苑 ”

[PR]
by aco_cocoa | 2007-10-29 11:33