アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

いよいよ、ポカラから移動です。

10日を越えるアンナプルナ・トレッキングから数日前に帰ってきてしばしのんびり。

トレッキングの間も ず~~と咳でっぱなしでしたが



帰ってきて安心したのか なんなのか 風邪完治しました。



もともと (フィリピンへの旅行以降はだーーいぶマシになってましたが…)

枕が代わると それだけで緊張して 寝られなくなったり とたん便秘になったり。



今回のトレッキングも 自分が思っていた以上に 緊張していたのか



やっぱり、やっぱり。




ポカラからナヤプルまで バスで2時間バスに揺られ トレッキングのスタート地点へ。




そこから レッツゴ~!!と2人勇んでスタートしました。



1日目の目的地 ティルケドゥンガには 結構余裕で到着。


道中は チロ~ンカロ~~ンと ロバと馬のかけ合わせ(ラバ?)の楽団が通り過ぎ

↑楽団といっても うちら2人が呼んでただけで 山々を荷物をもって行き来している

ラバの群れと主、首にかわいいベルをみんなつけて移動してゆきます。



その馬糞や ブゥモォ~~~とゆらゆら草を食べている牛たち、ヤギの糞

日本の登山では考えられないけど トレッキングは山々に住む人達の生活道。



ウンチの臭い(といってもどれも草食動物のウンチだし すぐ臭いにも慣れました)と


人々の顔と生活のたたずまい。



ティルケドゥンガに着いて すぐバクバクいつもの勢いで食べたものがよくなかったのか

風邪気味の弱った胃腸に強くあったのか



夕飯後そのまま 気持ちが悪くなって 夜中何度か吐きにゆき。




そのままよく朝になってもよくならず、スウさんに介抱されながら1日様子をみることに。


その日は熱も出ていたようで ベットでず~と寝ていました。



夜になって 宿の人が入れてくれた美味しいホットレモネードを飲んで


「大丈夫、明日は行けるな…」と思ったり。



スウさんにも 感謝の日でした。




翌朝、宿の人が 「無理せずにダメと思ったらすぐ下りなさいよ」 とアドバイスをくれたり


なんだかトレッキングに出て ネパールのローカルな人達と



ちびっとずつ 交流し始めてる (どこか緊張して壁をはってたアコがいたんだね)





自分にきづいて





しんどかったけど (ウンチは相変わらず出ないけど)吐いて熱出して詰まってるもの


出したら カトマンズから ず~~~~となんか調子が出なくて



からだの中に あった変な熱が 解消されてか 





久々に からだも こころも スッキリ感がありました。






宿の人に 「ありが~~~~~ぅう!」 と 2人でお礼を行って



ほんとは1泊素通りのはずだった ティルケドゥンガのお宿から出発!





不思議なもので その宿の主人が スウさん横須賀のおじさんソックリで



その主人の 娘さんがまたまた そのおじさんの娘さんにソックリ!





なーーんかご縁を感じる 人達でした。








……おっと、ネットカフェのお店の人が ブレーカーを一度切りたいと言ってきたので


この続きはまた今度。






明日にはいよいよ のんびりポカラを出発!





スノウリから 今週末には インド・バナラシです。






インド トレッキングから帰ってきてら えらいことになってるけども…。




先行して 入ってる モテ&みゆきちゃんからも 元気なメールが届いているし




情報をみながら 進んでいきます。






また少しずつ報告していきまーす☆
[PR]
by aco_cocoa | 2008-12-04 17:05