アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あるがまま(長いなー)

ヨガをしていると、自分の心の中の
『平和』とか『安堵』みたいな感覚がやってきて
ゆったりとした気持ちになります。

アコがヨガ教室に通い始めて1ヶ月ぐらいたった頃、
ひととおりヨガが終わって、最後『合掌のポーズ』をした時
ヨーコ先生がお話を始めました。

「この前私と娘が永平寺に行った時、
お話してくれた高僧の言葉が印象的だったので紹介しますね。」


野の花も鳥も ただひたすら あるがまま に生きている

その時が来たら あるがままに花を咲かせ

あるがままに鳴き 命いっぱいに輝き 咲きそして散る

人間も それでいい あるがまま でいい

自然のまま に生きて死んでいけばいい』


アコは合掌をしながら、私はこの教室に来るべくして
来たんだなーと思いました。

ヨーコ先生はよく
『無理せんでいーげんよー、自分の気持ちいいところ探してね~』
と言ってくれます。

‥‥ほんのちょっと前‥‥

もうパンパンになってる自分を感じでいました。
自分自身に『平気だよ~大丈夫だよ~』って言い続ける自分に
すごくしんどくなっていました。

今年になってアレルギーの皮膚炎がどんどんひどくなって
足にできた炎症がどんどん大きくなって、良くも悪くもならず
新進一退。

平気じゃないのに平気な振りして、人に大丈夫だよーっていうふりして
自分に大丈夫だよーって言っていました。

日中『私はダイジョーブ!』と言いながら、夜ガーゼを張り替えながら
終わることがない不安に毎日ワンワン泣いていました。

銭湯にいけるようになるのかなーとか、
好きな人できてもこんな体見せられないよとか
ネガティブな自分がモクモクと頭を支配し出すとブンブン頭を振る。

人前では元気、元気!平気、平気。アコはいつも元気だよ~!みたいな。

パンパンになってる自分の気持ち聞いて欲しいと
前に一度お邪魔したセラピストのサラさんのおうちに行きました。

そこで初めて他人に心の底からね弱音というか、大丈夫じゃないんだ!って
ワンワン泣きながらお話できた、ホント不思議なくらい正直に。

その時サラさんに言ってもらった言葉

『アコちゃんはとってもいい子だね~、
でももっともっと自分を好きになっていいんだよー

ポジティブなアコちゃんもネガティブなアコちゃんも両方愛してあげようねー
あるがままの自分でいいんだよー
ポジティブがあるからネガティブがある一体なんだよー。』

って。ほんでもってサラさんは、

『自分の中でキーーってなる自分があるじゃない、
それも愛すべき自分なのね、

そしたらキーーってなってる人を見たら、
そんな時もあるよね~ってわかってあげられる

プンプン!とかシクシクとか自分の中にそういう自分がいるから、
他の人がそうなってたら「そうだよね~」ってわかるよーってみてあげれる。
大事なのは『そんな自分を許します』なのね。

『わがままとあるがままは違うんだよー』
あるがままの自分をいっぱい愛してあげること。

アコちゃんは自分のコップがいっぱいじゃないのに、
回りにお水を配ってって今カラカラなんだよねー、

でもね自分のコップがいっぱいになって
溢れたら人に配ればいいんだよー、
それはアコちゃんわがままじゃないんだよー。』

肩の力が抜けて、『そっかー』って‥‥

それから自分の中で『あるがまま』という言葉が
アコの大好きな言葉になりました。

それ以来ゆっくりと、ネガティブな自分も大好きな自分やなーって
『許します』って言えるようになって、だんだん自分のことが好きになった。

‥‥それから半年が経ち‥‥

『無理せんでいーげんよー、自分の気持ちいいところ探してね~』
ヨガのヨーコ先生が落ち着いた声で言ってくれる気持ちいい時間が続いています。

ヨガを習い始めて、タイ式マッサージにであって
自分の中のコップがあふれ出して
少しずつ、今までもらったいっぱいの温かさをお返しできるアコでありたい。

ありがとう

ありがとう

いつも本当にありがとう。
[PR]
by aco_cocoa | 2005-11-28 23:20
なんだか自信がないところはヒナ先生の予定を聞いて質問にいきます。
水曜日の夜、なんだかあやふやなところを聞きにいきました。

ヒナ先生が
「今日、新たにタイマッサージ習いたいって女の子、話聞きにくるから
アコちゃんも一緒に話聞いてあげて」
「オッケー」

30分ほどお茶を飲んで、待ってるとミーチャンという女の子と
男の子2人がやってきました。

ミーチャンは、男の子の間にチョコンと小さく座って
目をパチパチ、緊張しているのか落ち着かない感じ。

ヒナ先生が今やってるタイマッサージのワークショップの
説明をしている間、アコはミーチャンの様子をみていました。

ちょっと熱そうな表情をしたので、
「大丈夫?」とアコが聞くと、「甲状腺の病気なんです‥‥」
何か病名を言ってくれたんだけど、覚え切れなかった。

いわゆる、自律神経が安定しなくてのぼせた感じになるそう。
あーだから、ちょっと目が不安定に動き回ってたのかー。

ミーチャンは高校卒業してすぐマッサージ師になるべくお店に入ったんだけど
そのお店になじめず辞めて、その後も契約社員を転々としながらも
そういった仕事につきたい‥‥でも怖くて踏み込めないの繰り返し。

最近リフレクソロジーに興味があって資料をそろえたんだけど
そのまんまになって、手につかない。

なんだ目をパチパチしながらお話してくれるミーチャン
そんに自分を責めなくていいのになーと観察していました。

ひととおり聞いた後、ヒナ先生が、
「まー、どんなマッサージかわかんなかったら、
本当にしたいマッサージかどうかわかんないと思うし
アコちゃん、見ててあげるからミーチャンにやってあげて」

「じゃあ、ミーチャンここに横向きになって寝てくださいな」

小さなミーチャンがコロンと横になってくれました。
足の側面から上にあがって背中から肩、首まで
アコが自信がない部位(だけど絶対うまくなりたい部位!)
ヒナ先生に質問しながら進めていきました。

背中の部位になって、まるで鉄の板のようにコチコチになった
ミーチャンの背中や肩甲骨の回りをもんでたら
アコの口から自然に言葉が出てきました。

「ミーチャン、みーんな【なりたい自分】になろうと、もがいてるんだね
みーんな、みんなもがいて、もがいて【なりたい自分】を探してる
だから、ミーチャンだけじゃないんだね。

今すぐなれない自分を責めちゃダメだよー、そんな自分も許してあげて
大事にしよーね。迷った分だけ、考えた分だけ人にやさしくなれるよー」

コチコチになった背中をホカホカに温かくなったアコの手が
ゆっくり、ゆっくりモミモミします。

「アコちゃんの手温かい」

「マッサージしてるとねー、【気】が手から出るんだってー
他の習ってる子も、やってる間手だけポカポカになるんだよ、不思議だね」

「マッサージうけてるのに、涙がでそうです」
ポツリっと小さな声でミーチャンが言いました。

その時、アコの心に【これだね】って落ちてきました。

最後下から上がって、最後首から足に向けて下がっていった時
ミーチャンがクスクス笑いだしました。

「ヒナ~、なんか間違ってるのかミーチャン笑ってるー」
型がいいのにはまってない時は、くすぐったいのです。

ひととおりアコの習った部位が終わった後、ヒナ先生と
交代して続きをしてもらいました。

30分ほどの間に、ミーチャンの笑い声が何回か出て
マッサージが終わった後のミーチャンは、
宇宙に飛んでったみたいなホンワカした顔。
真っ白だった頬に少しだけ色が入って、目もキラっとしてました。

友達の男の子たちも、ホッとした表情でみてました。
近くでみてて、そういうのってわかるし、心配だったんだなー。

「今度の勉強会の時、見学に行きます!12月から習いたい!」
元気になったミーチャンは嬉しそうに帰っていきました。

ヒナ先生とアコは「ミーチャン、元気になってヨカッタね~」と
しばしマッサージ談義をしました。
2人ともなんだか(今考えれば、嬉しかったんだなー)ハイテンション。

ヒナ先生が、「鬱の人とか、心が固まってる人はマッサージとかで
もみほぐされた瞬間、咳がすごく出たり、笑いがとまらなくなるんだよ
たぶんミーチャンも、もみほぐされたんだね」

そっかー、アコはあの瞬間
【体がゆるむと心がゆるむ】を一緒に体感したんだ!

さっきの【これだね】は‥‥、そっか~これなんだ。

やっぱり、アコは魂が喜ぶものに出合ったんだな~て確信した。
その時、アコは第1ステージから第2ステージにあがった自分を感じた。

魂に正直に、自分に正直に。
わーーーー、なんだか自信復活!

ミーチャンのお陰で(ミーチャンが知らないうちに人に勇気を配ったんだ)
小さな自分がみれて、喜んでる自分がみれて、やるきが増した。
e0093881_144874.jpg
ありがとう、ミーチャン。
ありがとう、ヒナ先生。

そんでもって、よかったね!
アコ、次のステージに進んだよ。

最後にヒナ先生の偉大なお言葉
【マッサージってやさしさの塊だよね】
[PR]
by aco_cocoa | 2005-11-14 22:43
タイマッサージを勉強しだして3ヶ月目。
アコの誕生日の日に運命的に出会ったタイマッサージ。
やればやるほど、その魅力にワクワクします。

この前マナに練習台になってもらって練習していたら
「ヒナ先生と押し方が違う!」と不快な顔をされてしまいました。

習ったものを身につけよう練習している真っ最中に
誰かと比較されて、『違う!』といわれてしまうと
はー、なんだかガッカリ、ただでさえない自信が喪失‥‥。

悲しくなったアコは、すぐヒナ先生に「自信喪失メール」を送りました。
すると、すぐヒナ先生からすぐさま励ましメールが!

『1番身近な人間ほど認めさすのは難しいんだよね。
自分だって親父やお袋、親友に認めてもらうのに3年かかった。
上手いんだから焦らず自信持ってやればいいよ。
お姉ちゃんだけじゃなくて色々な人間やってみて!
まず技術より気持ちが先だから、才能あるんだから頑張れ!』

ありがたい言葉に、心ん中で気持ちがギュッと固まった。
ヒナ先生に習えてよかったなー、本当にありがとう。

そうだ!マナの言葉は神様からの贈り物なんだ!

『あんたなら、もっともっとうまくなれるよ、なりんしゃ~~い♪』
ヒナ先生の言うとおり、いろんな人で練習せなあかん。

そう覚悟した月曜の夜。
よし!今週は友達にお願いしまくって練習するぞ!
[PR]
by aco_cocoa | 2005-11-14 21:40

ヨーコ先生に贈った詩

自分が許してる以上に
e0093881_0541656.jpg
許されてる自分を知りました

不完全なあなたを 許さなかった

不完全な自分

不完全なあなたと 不完全な自分

だからあなたから生まれたんだね

あなたから生まれて よかった

いつも許してくれて ありがとう
[PR]
by aco_cocoa | 2005-11-07 23:12