アコ☆3mLOVE&PEACE!


by aco_cocoa

<   2007年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

はー、今日はめっちゃイイ天気でしたねー。さっき石引温泉行ってきましたー。

先週末は自分の中でもかなりのハードスケジュール。

金曜はアチャさんで出店、土曜は仲良しの結婚式(めでたい!)、
日曜はつむぎさんで出店と久しぶりにのんびりアコもあわててましした。

ありがたいことにアチャさんも、つむぎさんも麻古楽用にと素敵な空間を用意して
待っていてくれました。いつものことながら感謝しています。

2日間ともアコの身にあまるお客さんが来てくれましたー!うれしーでーす☆

ほんとうにありがとうございました!2日間で合計10名、ステキな方々が
アコのタイ古式を体験しにきてくれました。面白い方ばっかりで楽しかったす。

金曜アチャさんに到着すると、いつものように2階のスペースが
もうアチャ・センスで整えられていて1時間前からストーブをつけていてくれ
ポッカポッカ。天気も本当によくって気持ちいい~~~♪

アチャさんは本当にアコの憧れというか、お客さんに対する気持ち
自分のこだわりへの自信‥‥勉強になるぅ~、ほーんとステキな人です。

「アコさん、私からのお願いなんだけど体験が終わったら30分ほど
そのままお客さまを寝かしてあげてほしいの‥‥いいかしら?」

「ステキなアイディアですね!わかりました。アコも1度そんな感じでして
みたかったし、このお部屋でゆっくりできるってステキですもんねー。」

そんな感じでアチャさんでの体験ワークはスタートしました。
最初にセッションした方が眠っている間に、またまたアチャさんから提案。

「3時から予約いれてくれた子がねー、アコさんと同じボディワークしてる子でね。
金沢サティの近くでもうすぐ整体院を開店させるんだってー、
今寝てる子も12時からそこにフットデトックスバスしにいくんだけど、
今なら体験500円なんだってよ。アコさんもいいチャンスだし行ってみたら?」

ちょうど12時から2時までぽっかり空いてたし、せっかくアコのワークうけに
来てくれる子にも早く会いたいな~と思ってアチャさんに予約してもらいました。

ゆらゆらと起き上がって2人で「それでは行ってきまーす!」と
アチャさんに見送られながら、ぴゅ~~~と走行して向かいました。

スッテキなお家(元はどうもお金持ちの農家さんち)をキレイに仕上げ贅沢な空間、
スッテキな紺の和紙の暖簾の玄関を入ると気持ちいいアロマな香りが充満した
楽しいお店でした。

e0093881_23354618.jpg一緒に行った子もやさしい子で
2人ではしゃぎながら入りました。

真ッさらなお湯に足を入れ
少しのお塩を入れて30分。

みるみるうちにこーんな感じに
水の色が変わってなんだか
藻のようなものや鉄粉みたいな
ものが出てきました。

「ひっえ~~☆楽しーー!」
2人は見合って笑いあいました。

なかなか楽しい体験でしたよ。
対応してくれたお2人もイイ感じ。

終わってお茶をいただく間、4人でワッチャ、ワッチャとお話してたらもう時間。
「それでは、また後でアチャさんでお会いしましょ~~♪」 「はーい後ほど~♪」
一時バイバイして別れました。

2時からお客さんもわざわざ富山からアチャさんが宣伝してくれてきてくれました。

冷えた足先がどんどん温かくなる感覚に感動されてました。

「アコが温めたわけじゃないんですよー。それはあなたの体が気づいて
温かさを末端まで流し始めたんですねー。からだって素直でありがたいですねー。」

アコは笑ってもらいながらほぐすのが大好きなんですー。人が笑ってる顔って
すっごくかわいい。アコ自身がほーんと癒される、元気もらえる。

それが喜びになる。わかりやすく本人が持ってるからだへのスウィッチを
押していきたい。その中でその人のペースでほぐれたいとこだけほぐれたらいい。

また30分眠っていただいてる間にアチャさんとおしゃべり。
「やっぱり30分寝てもらうのイイ感じします。ありがとうございます。」

「うふふ。」アチャさんはコーヒーをたてながら笑います。

1階に降りてきたお客さんが、
「今度富山のお友達集めるからお家に来てくれる?娘にもして欲しい」
とありがたいことを言ってくれました。本当にありがとう、嬉しい涙出そう。

3時にお昼にお邪魔した整体院の女の子が体験ワークしにきてくれました.

終わった後ものんびり、のんびりお話することができてお友達になりました。
「今度アコもして欲しい!じゃあ交換セッションしましょーよー。」

「いいねー!いつにする?うちの相方も喜ぶわ!」

「じゃあ、アコの仲良しなボディワーカーいるし2×2でやりっこしよー!」

「いぇ~~い!やろー、やろー。」なんだか今日会ったのにまた意気投合。

すぐ友達のボディワーカーに電話して日程も決まってしまいました。

毎日、毎日ありがたいご縁に恵まれてほーんとに感謝です。感謝の連続です。

片付けも終わって、アチャさんとお茶を飲みあいながら30分ほどお話しました。
横には当たり前に娘さんとそのお友達が数人。なんだかみんなものんびりしてる。

憧れの人から、ありがたいお言葉もいっぱいいただき胸いっぱいでした。
いっぱい過ぎて、ありがた過ぎて涙が出そうになった(最近涙もろいなー)。

一緒に持ってきたまなびぃのパンも結構売れましたー、ありがとうございます。

*** *** *** *** *** ***

日曜日にさせてもらった“つむぎさん”も満員御礼でした。

いつもはランチにつかっているお部屋を、“麻古楽の部屋と受ける人がくつろぐ空間”
全体で20畳ぐらいの空間をセッションの部屋をある程度ふすまで仕切ってくれ、
他の部分でランチ食べたり、こたつで寝てもらったらいーねーと用意してくれました。

いろんなことがあったんだけどまた書き出すと長くなるので短く、短く。

つむぎさんが宣伝してくれて5人(うち3人は自然療法に来てくれる人なん!)、
あと2人はコラボンさんでてくてく通信みて来ましたー!って!!!

すっごく、すっごく嬉しかった!たぶん2人が熱くて嫌がる(?)ぐらい
嬉しくてずーとおしゃべりしちゃいました。

だって通信見てくれて、わざわざ時間さいて初めての店に受けにきてくれた!
なーんてアコにしてみたら奇跡なん。ほーんと通信だしてよかったー!と思いました。

ゆっくり、ゆっくりなんだけど確実に、見てくれてるって手ごたえきてます。
てくてく通信見ましたよーって丁寧に感想メールくれたり、電話かかってきたり。

今までショップカード置いてもらってたお店や通信からお付き合いが
スタートしたお店まで、「アコちゃん」、「アコさん」と呼んでくれるのがホント嬉しい。

「タイ古式うちでも企画しなよ。」とか「足ツボ復活したらこのスペース利用して。」
とかやさしく声をかけてもらえるようになってきました。

ゆっくり、ゆっくりアコペースで実現していきます。

アコが尊敬するボディワーカーのように自由に人の可能性を広げれる人になりたい。

アコのキャパを超えないように、麻古楽が楽しんでお客さんに接しれる感覚大事に。

今まで以上に近く感じて目を細めながら「金沢イイとこや~大好きや~」と思います。
次の通信のネタも頭の中にまとまりつつあるし‥‥今週末こもるぞ~!☆!

来月の3店舗さんの日程も決定しました。またお知らせ書きますねー。

長くなりましたが、いつもありがとうございます。アコはいつも幸せです!感謝!
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-31 00:25

いつも律する自分の感覚

お金のセミナーのお話をふまえて、1つのお話を書きたいと思います。

いつも自分には責任があると思っています、自分を律する感覚。
いつも自分がブレてないか自分に問い続ける感覚です。

自分の中の核なる自分が喜んでるかどうか、いつもアコは問い続けています。

*** *** *** *** *** ***

いつも仲良くさせてもらってるお店の人から、
「アコちゃん、てくてく通信とショップカードなくなったよー。」
という連絡があったので数週間ぶりに遊びにいきました。

いつものようにキャッ、キャッと談笑していると、その店主の人が
「アコちゃんに聞きたいことがあるの‥‥」と急にまじめな顔になって聞いてきました。

「なんですかー、なんでも言ってー。」アコもふむふむと聞きます。

「うちのお店のお客さまでね、〇〇さんの変なうわさを聞いてね。
〇〇さんから不本意な契約をさせたれたーとか、
何か買わされたというよくあるお話なんだけど、アコちゃん友達だって
前話してたし、アコさんはどうなんだろって思って。気分悪くしないでね。」

〇〇さんは、アコのお友達ですごくイイ子です、素敵な子です。

アコもそんなうわさは聞いていました。大人になったらよくある話。
ふ~~~んって感じ。その子の選んだことやし、その子の核の問題。

“契約させられた”とか“買わされた”ってのも自分の核がNOー!と
言えない自分の問題を相手に転嫁した、その子の問題。

それについてアコと店主はぜーんぜん興味はないんですねー。

店主が言いたいのは、そこに“自分のお客様が不快に思った事実”が
あったということなんですね。

その店主さんはアコによく自分のお客さんを紹介してくれる人なんです。
アコと〇〇さんとつながっている、アコさんはどうなんだろう?
自分が紹介したお客さんを不快にさせるような人に今後紹介できない‥‥。

そういう意味をもった質問でした。その気持ちよーーーくわかります。
アコもそうですから、アコは信用している人にしか自分の大事なもの紹介しません。

アコは言いました。
「その話はなんとなく感じていました。そうなんじゃないかなーって祈ってました。

アコもその(勧誘の)話、ほぼ同時(その子じゃないけど)2人に誘われましたよ。

でも自分の中でワクワクもしないし、興味もない。
自分のお役目じゃないなーっ思ったのでやんわり断りました。

2人ともイイ人だったので、そっかーと引いてくれましたよ。

人のからだをさわらせてもらう仕事をしています。
アコは、からだをさわらせてもらいます、時にはその人の心までさわらせてもらう

信用してもらって、いろんなその人をさわらせてもらいます。
そんな自分には、自分を律する責任があるんです。いつも心に据えてます。」

「私も同じ気持ち、お店を立ち上げて10年以上たったけど
その気持ちってすごく大事なのよ。信用なんて一瞬でなくなるのよね。」

店主がなんで、その〇〇さんに対して残念やーっと思うのかというお話すると、
〇〇さんはモノ作りが大好きで、ずーーっと長年コツコツとモノを作っていました。

その店主はそのコツコツやっていて誠意のあるこんな人がいるよーと
お客さんから聞いて、自分のお店のスペースの一部にその〇〇さんの
“モノ”を置いて販売できたらいいなーとお話をすすめていたそうです。

さー置こうかーと進めていた途中、違うお客さんからその〇〇さんが
自分のお客さんを悲しませたという事実を知った‥‥というワケです。

アコはその話を聞いた時、年末から感じていた胸のモヤモヤというか
悪い予感があたったなーとちょっと残念に思いました。

あーー、アコも友達に〇〇さん何人か紹介したけど、今後はできんなー、
あーー、でも早めにわかってよかった~~~♪とも思いました。

そのお店には、他のボディワーカーのショップカードも置いてあったんですが
その子にもそういった話があるとお客さんから聞いて、
申し訳ないけど自分のお店にはおけないとお返ししたそうです。

その店主さんも、アコと同じように自分の核をいつも持って経営されてるんだなー
これからもどんどん仲良しになっていけるな~と嬉しくなりました。

「残念なことやけど。それは彼らの価値観やし、それぞれの幸せ大事にしようね。」
ってその店主と笑いながら確認しあいました。

〇〇さんもアコも、すべての人も今はただの通過点。
それぞれの学びがあってオールオッケー!イイもワルいも誰も裁けない。

店主さん、ホッした顔して喜んでくれました。
「アコちゃんのこと信用してるよ。またお客さん紹介するからよろしくねー。
アコちゃんらしくやっていけば大丈夫よ。応援してるからねー、がんばって。」

アコも自分を律しし続ける自信がもてました。自分を信じてよかった。

すべてのものに“謙虚”であり続けること。

お金のセミナーでもつじさんが言ってた
「自分の中のお金の器以上の大金を持った人がおかしくなるだけ。
自分の中のお金の器は、意識していけばゆっくりだけど少しずつ大きくなります。」

アコは時間をかけて自分に見合う“器”を手に入れたいと思ってます。
あわててません。“ありがとうの引換券”、人のご縁ででっかくて温かい人になりたい。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-30 14:57

“お金を好きになる”話

14日に友達に誘われて“つじようこさんのお金を好きになるセミナー”に行ってきました。

行ってよかったです。すっごくお金がかわいく素敵なもんや~と思えるようになりました。
あと自分の中でずーと気にしてたことも質問できたし、スッキリしました。

トイレ休憩の時間、廊下で友達とお話してたら、別の友達が声かけてくれて
「アコちゃ~~ん、私後ろの方に座ってたんだけどーすぐわかったよー。
ブルーのニットキャップに、すっごいうなずき‥‥目立ってたよー」って‥‥3人爆笑。

*** *** *** *** *** *** ***

ちょっと脱線ッス‥‥

人の話を聞く時って“うなずき”ってすっごく大事、効果はいろいろ。
相手が話しやすいように相手をみながら、大きく(←ここ重要)うん、うんとうなずく。

相手が話やすくなるのはもちろん、話す人の心の中にあるものを引き出しやすくなる。
あとうなづく側としたら縦揺れは(何かのツボを刺激して)頭がスッキリする、
スッキリするとお話が頭の中無理なく入ってくる、イイ話は残る。

アコもいろんな場所でお話させてもらうチャンスがあるんだけど、
やっぱりうなずいてくれてる(聞いてますよーゆっくり話してねーという応援の空気)が
ある場所は本当に話しやすい。出したものが自分に帰る‥‥。

やしアコは“人の話”を聞く時は、うなずきながら聞くのがクセになってます。

*** *** *** *** *** *** ***

自分の中で、そうやなーと思ってメモしたこと(全部書くと長くなるので)だけ
書きますねー。

まず“つじようこ”さんが言ったのは、

●今日と同じことをしていたら、明日も同じ未来が手に入る。

●私たちはすべて自分で決めて行動している。

と言ってくれました。アコすごい勢いでうなずき「うん、うん、まさしくそうや!」

つじようこさんは無借金17歳で起業、現在38歳。
様々な会社を経営すべて成功させ、今は経営心理カウンセラーとして活躍。

「通常自分たちは“顕在意識”といわれる10%の意識で生活しています。
残り90%は、“潜在意識”といわれる部分。自分が意識できないこの部分に
“お金が嫌い”と思っている人は“お金”が寄ってきません。」

つじさんは、17歳で起業して20歳そこそこで証券取引所に行くと
「つじ様はお2階へどうぞ‥‥」と案内されるような社長になっていたそうです。

20歳過ぎてて、高校の同級生たちと会うとみーんな自分と同じように
一生懸命働いている‥‥「お金が欲しい、お金持ちになりたい」と言っている。

同じ高校、顔も並々(←これは本人が言ったからね~)、なーにが違うんだろ~と
ずーと不思議だったそうです。

30歳になって心理カウンセリングを勉強して、その謎が解けた。
自分と他の人の差‥‥それは潜在意識の中、お金を好きか嫌いかということ。

表面的には「お金が欲しい」と思って言ってても、どこかで“お金”に対しての
イメージに嫌悪感を持っている人は“お金”と両想いになれないという簡単な話。

「前にも同じようなお話聞いたな~、あー斉藤ひとりさんの本に書いてあった」と
うなずきながら思いました。

関西出身のつじさんのお話はユーモアあり、つじさんのかわいらしさありで
楽しく過ぎていきました。なんせ3時間のセミナーですから。

途中うなずきながら、おしりがムックムックと大きくなるのを感じました。
トイレ休憩はまだか‥‥、うん、うんとうなずきながらお尻を感じます。

アコの前に座ってた人が、エイッ!と思い切って席をたって後ろにかけていきました。

「行ったーーー!アコも続け~~~~い!」とお尻を押さえそう思った瞬間!

「あっ、休憩入れるの忘れてたー。ごめんなさい、ちょっと休憩しまーす!」
オチャメに笑いながらつじさんが休憩時間を設けてくれました。

アコの中ですっごーくうなずいたのは、

お金=ありがとうの引換券なんですねーというお話でした。

もともとは物々交換をしていた、でもモノとモノを交換する時に
いろんな不都合が起こってきた。そこで共通の意識を設けることにした。

その共通の意識‥‥とは、『感謝・ありがとう』を形にしたもの。

「本来お金というものは、“(感謝)愛のエネルギー”なんですねー。
でも、お金にまつわる悪いイメージを生まれた時からすり込まれるんです。
親や周りの人、テレビ・ラジオ様々なものを媒体として何層にもわたって
“すり込み”される。

お金=悪いイメージ、悪の根源、お金を持つと人は狂うなどなど

「たしかにー、愛の引換券か~いいこと言うなー。やっぱどこかで
お金=バブリーなイメージ持ってた。うん今日からお金=ありがとうやね。」

とっても気持ち温かくなってホッしました。

つじようこさんはお金の話以外にも経営のプチ知識もいろいろ教えてくれました。

最後質問はありませんかー?と質疑応答の時間があったので
アコが聞きたかったこと質問しました。

「すごくうなずくお話ありがとうございます。とても確認できてホッとしています。
今私はタイ古式のボディワーカーをしています。なんというか‥‥会社員時代の
感覚もあってか、ほぐした後、“お金”をもらいベタというか、もちろん頂くんだけど
なーんか違和感があるというか、どこか申し訳ないって感覚になるんですよー。」

アコの質問ににっこり笑ってつじさんが素敵なことを教えてくれました。

「もうかなり“あげ上手(奉仕上手)”な人増えてきました。すごく素敵なことですね。
今からは“もらい上手”な人も増えていって欲しいなーと思います。
それでは、わかりやすい例え話しますね。

老人ホームであるおじいさんが、何をやるにもしてもらってる人がいました。
そのおじいさんは、なぜかどんどんすねて生きる気力を失っていきました。

その相談をうけた私は、その介護の方に言いました。
そのおじいさんのできること小さくてもいいからしてもらってって。
してもらったら、「助かりました、ありがとう」って言ってあげてと。

介護してたスタッフは、おじいさんのできる小さな小さなことを
お願いすることにしたそうです。そして少しずつ、少しずつ増やしていきました。

すねていたおじいさんは生き生きとした表情になって
介護の人と仲良くなって、なんでも喜んで行動するようになったそうです。

このお話で何が言いたいかわかりましたー?
人間はもらう一方では辛くなってしますんですねー、生きる価値があるのかなって
“感謝される存在”なんだろうか?って。

“ありがとうをあげる人”がいたら、“ありがとうともらう人”が必要なんです。
“あげ上手”になったら、誰かの“もらい上手”になってあげてください。

とても大事なことなんですよー。」

最後につじさんのその話を聞けて、アコはホッーとしました。
あ~~~、この話をアコは聞きにきたんだーと思いました、楽になりました。

そっか自分が“感謝される存在”なんだーと嬉しくなる思いを
相手にもおすそ分けしているんだー。ありがとうの気持ち喜んでもらおう!

その日、スウさんちに舞い戻りわいわいと話しました。
スウさんもうん、うんと聞いてくれました。
「ありがとうの引換券ってイイね~♪」スウさんも笑います。

自分たちもまわってくるお金に感謝して、自分のお金の器を意識して
ありがたくその愛のパワーまわしていこう。そう2人で約束しました。

お財布に入ったお金たちがその日からなんだか愛らしくみえるようになった気がします。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-30 13:39
年末マキんこのお店のショップカードを作ったんですが、
「かわいいカード作ってくれて&そのたもろもろ‥‥ありがとう」と
“ふんどし” をプレゼントしてもらいました。

昨年の秋から自分のまわりで “かわいくふんどし愛好家”が増えつつあったので
アコも一度試してみたいな~とマキんこに話してたのです。

e0093881_1223371.jpgふんどしと言っても
越中ふんどしでは
ありません。

どっちかっていうと紐パン
ですよね。セクシ~!☆

タイパンツはく時など
ふんどしはいてみたら
ゆるゆる感がいいんじゃない
かなーと思っています。
ワクワク・どきどき新触感!

今日夜お風呂入りにいって初チャレンジしてみます。

明日は大好きな“アチャ”での出店だし、大好きな “NO ONE”のタイパンツと
マキんこが作ってくれたふんどしで勇気100倍!元気100倍じゃい!

明日は何件か予約入ってますよ~とアチャさんが教えてくれました‥‥ホッ!

また空いた時間もあると思うので、アコに会いに&アチャさんの雰囲気感じに
来てください。コーヒーもおいしいし、まなびぃのパン(1ヶ150円)もあります。

なにより落ち着くアチャさんの人柄とお店の雰囲気が気持ちいい!大好きや~。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-25 12:12

スウさんの中の小人

この前の日曜日、スウさんちでまったり横に並びながらお話してたら、
スウさんのお鼻(彼はちょっと鼻炎気味)がなんかお話する度
ぴ~、ぴ~、ぴ~、ぴ~なるのでアコもさすがに気になって

「スウさんはお鼻の中に何か飼ってらっしゃるのかい?」と意地悪そうに聞くと、

スウさんはいつもの調子で優しく笑いながら 「おはやし」 と答えました。

なーんかその当たり前に『おはやしな小人が住んでます』な返事の仕方が
アコのお腹のツボに突き刺さって面白くってブヒャ~!と大笑い。

やっぱスウさんはすごいやー!

アコは、この人がいるから安心してなんでもできるんだっていつも思う。

やさしく微笑む大仏さまのまわりをクルクル無邪気に飛び回る孫悟空のよう。

キャッキャ、キャッキャと天邪鬼に自由きままに飛び回って
疲れたらスウさん大仏の手の平の上で丸まってグーグー寝る。

ちょっと反省することが起こったら、ブーッとふくれながらチラッと見てホッとする。
嬉しいことがあってフワフワ笑ってたら、スウさん大仏は嬉しそうに
アコをうなづきながら微笑んでる。

こーんな宝モノは他にはないよ。

アコそのままのアコちゃんが好きと言ってくれるスウさん、
アコもスウさんそのままのスウさんが好きや!と言っていきたいな~。

アコのペースで、スウさんのペースで、アコ&スウ☆オリジナルで。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-25 01:39

麻古楽の楽しい出張☆

今日は前々から楽しみにしていた、ボディワーク友達のマキんことトモちゃんが
アコんちにやってきて“ほぐしあいしましょか会”をしました。

マキんこが鶴来の“あさひ屋ベーカリー”で何種類かパンを買ってきてくれて
トモちゃんが大学イモを作ってきてくれ、アコは白菜の味噌汁。

マナも混ざって4人でこたつを囲ってパク・ぺちゃぺちゃ、パク、ぺちゃぺちゃ。

この前トモちゃん主催の“つじようこさんのお金のセミナー”に
マキんこもアコも参加させてもらったのでその時の気づきや感想などの言いあいっこ。

このセミナーとってもゆるゆる~な楽しい会だったし、とてもお金を大好きになって
(ほうずりしたくなる感覚)もあったのでまた別のブログ日記で報告します。

お腹も落ち着いて来たところで交代でほぐしあいしましょか~ということで
またまた3人とも肩こりということなのでやりっこしました。

間、間にいろんなお話をして(マキんこもトモちゃんも笑い上戸なので)
アコを指差して(涙を流しながら)大笑い・大笑い・大笑い。

アコ、人が笑ってる顔大好きなんですわ~、めっちゃ幸せやー。ポカポカするぅ~。

アコも肩してほしー‥‥と思いつつ、「足ツボやったげるよー」とマキんこも言ってくれ
久しぶりに足ツボをしてもらいました。

今度はじゃあ3人で、足ツボしあいっこ会しましょ♪とバイバイしました。
マキんこも、トモちゃんも“今をどう生きる”かを素直に模索してて
見てても勉強になるし、かわいらしくて応援したくなる、力抜けつつあるゆる友です。

3人でお話してると、たぶん(前世あたりの)ネイティブアメリカンの集落で
なーんか仲良くやってたんやろうなーという感覚があります。
(アコの同世代の友達は結構ネイティブアメリカンっぽい子が多いのです)

*** *** *** *** *** *** ***

夕方は、前々から“あるお店のマスター”から依頼されていた出張に行ってきました。

いつもがんばってくれている奥さんに“お誕生日おめでとう&いつもありがとう”で
タイ古式をプレゼントしたいんだけど、そんなのできる?と
前に通信配りに行った時、わざわざ声をかけてくれてのでした。

本日を迎えるまでにコソコソとメールで段取りして、奥さんの好きな色も聞いたりして
「とにかく内緒で(びっくりさせたい)」と飄々としたマスターがいうのが楽しくて
こちらもなんだかドキドキ、ワクワクしました。

お店に向かう道中でアコも大好きなガーベラ(奥さんの大好きなオレンジ・黄色)を
用意して向かいました。

どーも(アコん中でも)ドキドキし過ぎてたらしく1本道を間違えグールグル。
カフェタイムからディナータイムのお客さんの引く間にね~のご指定時間に
遅れるのではーーーっ!とちょっと焦りました。‥‥でも大丈夫5分前に到着。

「お客さん風にまず入ってきてね」と言われてたので、お花を隠して
カランカラ~ンと入っていくと、ちょうどお客さまが空いた店内で奥さんとマスターが
2人こまこまと何かやっていました。

「いらっしゃいませー、あら。」たまにお邪魔するので顔を覚えてくれてた奥さんが
「こんにちはー。」と挨拶してくれて‥‥変な沈黙一瞬。

アコも、それ以上は段取りしてなかったので「どうする?マスター?☆!」と
マスターに流し目を送ると‥‥飄々としたマスターが、
「お誕生日おめでと~、これがプレゼントでーす。」とふわふわ言った。

アコも「お誕生日おめでとうございまーす!」とお花を渡します。

「えっ!えっ!どういうこと!」奥さんは1人把握に時間がかかってました。

アコもニンマリ。マスターも「そういうことだよ、2階行ってからだほぐしてもらって。」

「えっ、あっ、私こんなカッコだしなんの用意してないよー、え~~っ。」

少し夫婦の会話の間に、アコもそそくさと出張セットを2階のフリースペースに
運びいれます。

実は、このお店の2階にはちょっとした(日頃は作家さんの作品が置いてある)
4畳ぐらいのスペースがあるのは前々から知っていて、いつかこのお店でも
麻古楽ディをさせてもらいたいなーと思ってマナによく言っていたのでした。

それが、マスターさんからのかわいらしくて素敵なプレゼント企画で実現!
アコにしても今回の出張は、ほんとありがたーいご縁を感じるものだったのです。

奥さんもマイタイパンツに着替えて、マットの上に横になります。
よくお話を聞くと、奥さんはタイ大好き!タイ古式マッサージ大好き!

今年も正月休みにタイに行って受けてきたの!まさか日本で受けれるなんて!と
ゆっくり、ゆっくり、旦那さまの策略を把握しながら嬉しそうに話してくれました。

いいな~、こーんな夫婦。嬉しいッス!そのありがとうの交流の一役をになえて。

1時間かけてゆるゆる~、ゆるゆる~お話しながらセッションしました。

やさし~い気をもった人なんですねー、アコもすごーく気持ちやさしくなった。

「むかし、むかしして頂いた日本全国を“あんま行脚”していたおじいさんのこと
すっかり忘れてたのに、アコさんにしてもらってた時思い出しました。」
と懐かしそうにぽんやり教えてくれました。

日本全国を“あんま行脚”してるおじいさんに似てた‥‥かぁ~、
今日はマキんこに“アコおばあさん”とゆるゆる動いてたら爆笑されるし
そーんな日なんだろうか‥‥、でもちょっと嬉しい。

最後にアコがそのお店に行くと必ず注文する“チーズカレー”を頼んで
チャイと一緒に食べました。うまかったーーー!やっぱうまい。

大好きなジャスもイイ感じで、飄々としたマスターは厨房に入ったきり。
かわいい奥さんとアコは食べながら、のほほんとおしゃべりしました。

「もう少し麻古楽が認知されてきて、時期がきたらこの2階でも
麻古楽ディさせてくださいね。」と伝えると、

「私も2階のスペース、マッサージとかにも使えるなーと思ってたのよ。」と
言ってくれました。なんだか思ってること、マイペースにでも現実化できそうだなーと
嬉しく思いました。

このご縁に感謝、この優しい人たちに、この一期一会に一礼して店を出ました。

ありがたな~、こーんな素敵なことに麻古楽を使ってもらえたことも嬉しかった。

今日は、久しぶりにマサヨちゃんとヨガにも行けたし
久しぶりに大好きなヨーコさん(ヨガの先生)にも会えた。

今日もゆるゆると1日が終わる、またゆるゆると明日が始まる。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-25 01:14
なーんだか興奮冷めやらず‥‥でまだ書いております。

“てくてく楽空”の通信作ったお蔭で、地元の“虹の種とも”以外でも
このブログ楽しみにしてくれてる各地の“虹の種とも”とつながることができました。

この場を借りてお礼を言いたいと思います、本当にありがとう。

今年、アコの目標は“アホになる”でしたが、
ボディワークの方でもう1つ意識しようと思ったことがありました。

昨年はなんだかタイ古式なんだけど、アコらしい(フリースタイル)プラス@を
意識し過ぎていたような気がします。

もちろんどんどんアコらしい感性を大事にして取り入れたい思ってますが
今年は、純粋にタイ古式マッサージをよしっ!といえるレベルまで持っていきたい。

やっぱ、タイ古式好きなんですねー。ゆる~い感覚がアコと合ってる。

タイ古式の好きなとこ、それはベースに“仏教思想”があるってことなんです。

~平等におこなう、正直におこなう、親切におこなう~

これ一番先に習いました。

それ以外にもいろんなこと(気持ちにおけるベース)を習いました、

●他の優れたマッサージ師やその技術に興味を持ち、自己を磨く

●自分の技術や自己側のことがベストで他はより悪いとけなすようなことはしない

●常にオープンな気持ちを持ち、外からの情報を得ること

などなど、ほーんと“謙虚”です。そーなんやー、その気持ち大事やなーと思います。
アコもそうあり続けたいと、いつもこの最初に習った言葉を思い出し
“今の自分はどうなん?”と確認します。

油断すると、アコも「あちゃ~!謙虚さ忘れてた!」ってことあります。
人のからだをさわらせていただく時、いつもからだ(自然)の前で祈ります。

「この一期一会、このセッションを楽しみます、神様ありがとう」って。

‥‥最近またいい出会いがありました。

「うちのお店マットひく場所はないけど、ソファとかあるし足ツボしたらいいよ。」って
声をかけてもらうことが何度か続きました。

その度、「アコは足ツボ(足裏反射マッサージ)苦手なので
オープンしてすぐメニューから外したんです。こんど得意な友達紹介しますよー。」
と言ってました。

苦手なもの無理にしなくても、その分友達にまわしてあげたらいいと
のほほんと思ってましたし、いろんな人がいろんな場所でマッサージの輪
広がればいいな~と思ってました。

いつもの通り、そんな返事をあるお店の人に返したら、
「なにー?なんで足ツボいやなん?」って聞かれました。おっと、始めての切り替えし。

「足ツボしてるでしょ~、そしたら足の裏で痛む場所とかあるじゃないですかー。
そうするとされてる人が『ここ何が悪いんですか!?』って聞いてくるんですよ。
アコは、覚えも悪いし、瞬時にココとも言えない、性格的にも
「楽になるしいいやん」って思っちゃうんですよー、そしたら苦手やなーと思って。
うまい子いるしその子に任せようと思うようになったんですよー」

と正直に答えました。

そしたら、そのお店の人
「それじゃ~、アコちゃんのこと気に入って『ここでしなよ』って
声かけてくれるのに、他の子紹介しますーじゃもったいないし話し違うよー。
下手でできんのならダメやけど、そんなの足の裏のでっかいポスター貼って
お客さんとそれ見ながら楽しくやったらいいと思うよー。」
って、気楽ぅ~な意見(ほんとそやな~とうなずく意見)を言ってくれました。

そや~、考え方次第でアコらしく足ツボも楽しくできるかもしらん!
またアコの中でワクワク~とするものがおヘソの奥から湧き上がってきました。

「そうですねー、そうですねー、そうさせてください。」

足ツボの名手『ユカちゃん』に聞いて、自信ない足ツボを再度勉強しようと思って
参考文献何冊か用意してあるし、また足ツボやってって言ってくれてる
友達もいる‥‥冬の間に練習して、春からこのお店でやらしてもらおう。

そう決めました。

そしたら、足ツボ仲間と「今日は足ツボのお店~♪」って
どこかのイベントも仲良う出せるかもしらん‥‥ワクワク・ワクワク。

足ツボから、アコのファンになってくれる人もいるかもしらん‥‥ワクワク・ワクワク。

いろんなお店に顔出すようになって、仲良しになった人から
「今度なんかイベントあったら、コラボ出店しよーよ♪」と声をかけてもらいます。

FULL OF BEANZのユウコちゃんともお話したけど、金沢の人は
ほんと温かい人が多い、優しい人が多い。みーんなありがたい。

アコ、足ツボうまくなるよー練習するよー。足ツボ、麻古楽メニュー復活にむけて、
春からまた出店のワクワク広げるためにもタイ古式、足ツボ、
謙虚に学ばせていただきます。からだ(自然)の前にいつも謙虚な自分であり続けたい。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-22 04:38
今日は麻古楽お休み、ゆーらゆら、ゆーらゆらしてスウさんと過ごしました。

昨日はFULL OF BEANZさんの出店から帰ってきて、すぐスウさんちへ
温かいご飯と味噌汁と(おかずはでき合いのもの買ってきてくれてた)を食べてボンヤリ。

「アコちゃん、寝るよー。」と言って湯たんぽを作ってくれて
アコの足元に入れてくれました。

さぁ、さぁと布団の奥(足元ポカポカな方)へ入れてくれて、アコが横になると
「お疲れさまやったね~」とアコの大好きなポカポカ毛布をかけてくれました。

‥‥「スウさん、今日もありがとう‥‥」言ってる途中でどうも寝たらしく、

「あ~~すっごい大蛇(50mぐらい)が道路にいるぅ~なんでやー」と思って、
大蛇ひかないように車を走らせていたら、大蛇にそって横道にそれて停止。

車から降りて見にいったら、大蛇にパクンッと噛まれて、「うわ!チクンときた!」って
ビックリして起きたら10時過ぎてました。なーんか河川沿いのきれいな道だった。

前置きが長くなりましたが、FULL OF BEANZさんでの出店報告です。

*** *** *** *** *** ***

朝10時半、FULL OF BEANZのスタッフさんが、“まなびぃ”のパンも
注文してくれたのでマナに送ってもらって到着。

前の日に大きなものはスウさんカーで搬入済みなので、とーても楽でした。

e0093881_2444474.jpg













12月の初出店の時は、いらん荷物も多かったし掃除道具も持ってこなかったので
今回はいるもんのみ!床拭き用のウェットシートも持って来れたので
床拭きからスタートして設置まで、40分ぐらいでできました。

マナも初めて2階の出店スペースを見てくれて「いいとこやん♪」と喜んでくれました。

今回は、事前予約 “0” 。FULL OF BEANZさんも申し訳なさそうに
「問い合わせはあるんだけど、予約に結びつかなくてごめんねー」って。

アコも自分なりに宣伝してみたんだけど、思いのほか反応なくて‥‥。

「大丈夫です、最初から出店続けていってファン増やすつもりですし、
始めたばっかですもん。スタッフの皆さんもあんまり負担に思わないでねー。」

11時半にお店のスタートと一緒に麻古楽の出店もスタート!
安くて美味しくて、すっごくかわいい、おにぎりカフェなのですぐ満席に。

次から次へお客さんが入ってきます。スタッフのみんなもクルクル忙しそう。

「時間が空いたらスタッフさんさせていただきますので、余裕できたら1人ずつ
上がってきてくださいね~」と声をかけてアコは2階にあがります。

e0093881_22840.jpg今日はとっても天気
よくて気持ちイイ。

持ってきた本でも
読んでポカポカ
過ごそう。

不思議な気分。

昨日はあんなに
ドキドキしてたのに
この部屋に入ったら
胸がずーと温かい。

冬の日差しがでっかく入る大きな窓際に、持ってきたクッション置いて
本を読み始めました。 ポカポカ、ポカポカ。

胸がずーと温かくて、「あ~幸せやな~♪ありがたいな~♪」と思う度
雲に隠れてた太陽が照ってきてアコを照らします。

また本を読んで、胸がポカ~としてきて、「あ~幸せやな~♪ありがたいな~♪」と
思うと、また太陽がポカポカ温かく窓際のアコを照らします。

そんなことを何回か繰り返してて、アコは手を合わせて目をつむりました。

「今日もありがとうねー。」って目を閉じたまま太陽に向かって拝むと、
また太陽がフワァーーと照ってきてアコのまぶたの中が温かいオレンジ色に
なりました。

「神様はやっぱすごいなー」って思っていると、胸の奥が温かくなってきて
ふわふわと言葉が浮かんできました。

~イイもワルいもない、(神様が)あることを許してすべてが存在するんだよ~

って。 あー、同じ様なことダライ・ラマも言ってたなぁと思いました。

その後もなーんだか温かくてその窓際に座っていろんな想いにふけってました。

26歳ぐらいの時、今はない(2軒隣にあった)タイ料理のKAOでバイトしてた時
まだここは、FULL OF BEANZではなくて、長い間空いたうなぎ屋さんでした。

バイトから帰る度、この閉まったうなぎ屋さんをのぞきながら
(その時から“何かわかんないけど”自分のお店を持つのが夢だったので)
いつかこのお家借りて自分の店できたらいいなーと思ってました。

時は流れ、気がついたらその思いを馳せていたうなぎ屋さんはかわいいカフェに。
‥‥でも、あの時のアコがずーと憧れてたこの場所で今、やりたいことやってる。

なーんだか目頭が熱くなりました。「幸せやな~」って。

e0093881_2341253.jpgお昼ご飯を1階で食べてから、
スタッフの子をさせてもらいました。

24歳の子と21歳の子。ふわふわと
おしゃべりしながらセッションしました。
あ~24歳の時のアコと、
21歳の時のアコがいる~
‥‥そう思いました。

アコが若い頃、大人の人にいっぱい
温かさいただきました。

アコが今あの時いただいた温かさとか
渡す番なんや、バトンがきたんやと
なんだか嬉しくなって、かわいい子
たちとの時間を楽しみました。
(←は、寝転んだ時の感じ)

FULL OF BEANZさんのスタッフさんたちはアーティストな子が多くて
ほんわかしてて、やさし~んです。アコもいててすっごく楽。楽しい。

夕方になって、担当してくれてるユウコちゃんとちょっとお話しました。

「2階にいるとねー、上からすっごく温かいものが降ってくるの~、
アコはなーんにも見えないし霊感とかもないけど、このお家イイ気が流れてるね~」

ユウコちゃんもにっこり笑って、
「私も、このお家には妖精さん(だったかな?)がいると思います♪」

2人でウフフと笑いながら、「もっと、もっと活用されて欲しいねー」と言い合いまいた。

なんだ、かんだと時間は流れ、終了時刻の20時に。

結果として、本日の出店お客さまの数は “0” でしたー。
スウさんが予定通り20時に迎えに来てくれて、テキパキと搬出を手伝ってくれます。

店長さん、スタッフのユウコちゃん、アキちゃんにお礼を言い1日の使用料を
お支払いしました。

ユウコちゃんは、「いただくのが申し訳ない」と頭をさげてくれました。

「これは仕事でお願いしたことなので取ってください。」
アコは、ユウコちゃんの優しい気持ちにほんと頭がさがりました。

最後に、お昼食べたランチ代と夕方のお茶代の清算をお願いすると、店長さんが
「スタッフの子も喜んでたし、こちらからのプレゼントとしておいてください」と
言ってくれ、ユウコちゃんとアキちゃんも温かい顔で笑ってました。

アコはサイフをみつめながら、なんだか涙があふれてきて止めれなくなって
「ありがとう、なんだか今日1日2階にいてすっごく幸せで楽しくて~」
ポロポロ、ポロポロ、あふれてきます。

店長さんが、
「興味ある人はいっぱいいるのよー、回を重ねれば絶対いっぱいになるよー
大丈夫よーがんばってー、うちら今日アコちゃんくるのすごく楽しみにしてたのよー」
って温かくてまるい手で、アコの手をギュ~ってにぎってくれました。

ユウコちゃんも、アキちゃんも「そうだよー」って包んでくれました。

自分でずーと1日中言い聞かせてたんですね、自分に。
「今日には絶対こうなる意味がある、今日のことはぜったいプラスにつながる」って。
「始めたばっかりだもん、回を重ねたら絶対うまくいく」って。

アコには、この気持ちイイ空間で、ほんわかする人が集るって確信があるんです。

‥‥自分に言い聞かせてた言葉、人に言ってもらったらすっごく緩みました。
ホッとしました。緊張の糸がほわほわ~と緩んだんですね。

「来月も楽しみにしてるよー。」、「ありがとうございました、またお願いします!」
お礼を言ってスウさんカーに乗り込みました。

「どうしたの、アコちゃん?」

「嬉しいことあったん、ありがたくて泣けるん。」
その後アコの家に着くまでワンワン泣き続けました。

途中あんまり泣き続けるので、見かねたスウさんがハンカチ出すぐらい。

ほーんとありがたかった。人の温かさってやっぱりすごい。
神様は、アコにまた素敵なプレゼントをくれた。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。アコ、マイペースにやるからね!

アコらしくやってくからね、あの温かいものが次から次へ降ってくるあの家で
まだ見ぬみんなとつながっていけるって信じてる。

そして温かいFULL OF BEANZの皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-22 03:15

“虹の種とも”の意味

アコが今月から作った“てくてく楽空 ~麻古楽と虹の種とも通信~”の
“虹の種とも”のお話をします。

アコの中でみーんな“虹の種を心に持ってるお友達”なんだなーって思います。

この前お友達が久しぶりにアコのボディワークを受けに遊びにきました。
その子は最近外国に行って、なんだかふわふわする今の自分の感覚に
戸惑ってる感じがしました。

25歳の時、初めて友達とフィリピンに17日行ってきた時の自分を思い出して
うん、うん、とうなづきながら話を聞いてました。

そのふわふわする感覚すっごく大事!
その今の気持ちを丁寧に愛したらいいよーと伝えました。

アコもフィリピンから帰った時、1ヶ月くらいふわふわしてました。
その時、お友達からかけてもらった言葉をそのまま伝えました。

「肉体は飛行機に乗れても、心は飛行機に乗れないんだってー、
心ってゆっくり、ゆっくり、船便で帰ってくるの。それでいいの、だからいいんだよー。」

その子は、ちょっとぼんやりした顔で「へぇ~~」と聞いてくれました。

「タライの船で帰ってくるか、フェリーで帰ってくるか、それは誰もわからない。」

「なんか安心したー。」その子はホッとしてました。
その顔が8年前のアコの顔とだぶって見えて、ギュッとなったその時の自分を
走馬灯のように思い出しました。

(フィリピンでいろんな気づきをもらったんだけど、この話すると長くなるので‥‥)

ボディワークにはいって、ゆらゆらとお話してました。

「なんかー、自分だけすごくのろく感じる。なにやってるんやろって焦るんだ。」

その子はポツリと言いました。アコは虹の種の話をしました。

「みんなねー、自分が緑さんなのに、黄色さんがキレイやいいなーっていう。
黄色さんは、青さんみてカッコいい~うらやましいっていう。
青さんは、赤さんを見て自分こんな色で嫌や、赤みたいになりたいなーって思う。」

「人のカラーは関係ない、人のスピード感も関係ない、自分の色を楽しめばいいの。
神様が君はこの色がキレイやしどうぞってくれた、そのままの色を楽しめばいいの。
人の色はよく見える、人のスピードは早く感じる、みーんなそうなの自分だけじゃない。」

「私はそのままのカラーを楽しむわ!ってキラメキ出した時、
なんかねー、無理しんでもすっごいキレイな虹ができると思うんだー。」

「そうやねー、イイねその話。」ちょっとほっぺに赤みが差した友達が言いました。

自分のカラー(価値観)を大事にすることって、そのままの相手のカラー(価値観)を
大事にすることなんやなーって思うようになった。

100人いたら100通りのやり方があるから面白い。
1000人いたら1000通りのカラーがあるからキレイ。
10000人いたら10000通りの思いがあるから発見がある。

なーんかそう思うようになったら、無理してた自分が自分のペースで
だんだんゆるんでる感覚を感じる、すっごく楽しんでる。のんびりだけど確実に。

だから生きてるってすばらしい、だから神様ってすごい。

相手のカラーをそのまま、そうや!オールオッケーなんや~って言える人に
なりたいし、気づいた人からなっていけばいいんやと思いました。

そのためには自分のカラーを褒めること、目の前にある自分を許すこと。

茶色があってもいいのー、黄緑があってもいいのー、どんな色も包み込む
それが虹のカラーやと思うの。代表は7色かもしんないけど間あいだには
いろーんな色があるんだと思うんだー。

いろーんな人がいるから、活かしあって自分が活きる。

“虹の種”それは、種を飛ばしたら、種にお任せ~風任せ~。

芽吹く場所も、芽吹く時間も、咲くか咲かないかも‥‥すべて手放したもの。

自分のカラーを楽しむ、相手に期待しない、それが“虹の種とも”。

そーんな意味が詰まってます、あっでもアコの中での意味だから
あんま読まずにサラッと聞き流してー。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-19 18:35

虹の中で生きている

7日には通信を出して以来、毎日毎日新しい出会いと、温かいつながりに
胸を熱くさせながら、今淡々とアコを楽しんでします。

ほーんと、ブログで書きたいこといっぱい‥‥毎日あり過ぎてパソコンの前に座ると
胸がいっぱいになっちゃって「このワクワクをアコの中でもっと味わおう」と
思って止まります。

通信を出してあちこち配り出して、10日寺町方面に配りにいってみよー!と
バイトがお休みだったマナと一緒に出かけました。

まずは2人が『今もっとも金沢でおいしい!と感じるパンを焼く』、寺町大丸堂へ。

寺町大丸堂さんは、寺町の住宅街の中の美容院の庭入っていってある
ゆる~いパン屋さん。マナの憧れ(憧れのオーブンでも焼いてる)だそうです。

駐車場は、お店を通り過ぎて少し、歩いて2、3分のとこにあります。

小雨の降る中、めずらしく傘持って、アイアイ傘でマナと歩き出しました。
歩き出してすぐ、サワ~~~っと日が差してきて雨が止んで
雲の間からさす優しい光が自分たちの歩く道路を包みました。

マナが、
「こーんな時はぜったい虹がどっかに出てるよー、探せ探せ~♪」
とウフフと笑いながらアコに言いました。

「ほんとだー、出てそう、出てそう。探そー、探そー♪」アコも空を見渡します。

「虹出てないね~、見えないどっかで虹出てるよー、今見えないだけやー。」
とマナは言いました。

アコはその時フッとフワフワ思い浮かんだ言葉を言ってました。

「アコとマナは今、虹の中にいるんだよー、中にいるから見えないんだよー。
あーーー!本当は、気づかないだけでいつも虹に包まれてるんかもしらんねー♪」

マナは、ブッと吹き出して
「アコは詩人やね~、そうかもしれんねー♪」

「そー考えたら楽しーーーじゃ~ん!」2人で大丸さんへ向かう角を曲がりながら
わはははははっ~と顔を見合わせながら大笑いしました。

こんな話あたり前に、一緒にできる人いて幸せやな~と思いました。
大好きな大丸堂のパンを買い入って、淡々と作業を進めている店主さんに
お話して通信とショップカードを渡しました。

その間にマナが大好きなパンを選んでました。ホントーーーにっ!うまいここのパン。

オジサンの味がします。マナと同じような自分のことは不器用だけど
パンが純粋に好きなんだーって温かい味がするんですよ。
なーんか変な雑味(雑念)がない。

あの名言、「自分、不器用ですから‥‥」って嘘のない味がする。

次に前々から行ってみたかった『石けんと絵本 宇吉堂』さんへの行き方を聞きました。
大丸さんは、すごく丁寧に教えてくれました。本当にありがとう、また伺います。

車で数分、宇吉堂さんに着きました。人なつっこい宇吉さんと
ほんわ~んとしたカメリアーノさんが出迎えてくれました。

入ってすぐなーんだか懐かしい感覚がありました。すっごく好きな空間だーって。
石けんやエコグッズ、自然療法の商品、絵本や料理の本、からだの本、環境の本
などなど、アコ好みな本・本・本・もの・もの・もの・ひと・ひと。

自己紹介して通信渡してゆるゆるお話してたら、気がついたら2時間ぐらいいました。

なーんか初めて会った感じがしないんですよー。前にも会ってますよねー。

あんまり長いしましたねー、今度はスウさん連れてきますーと言って
重い腰をあげて帰ろうとした瞬間。

カメリアーノさんが、「腰がなんだか辛い、ぎっくり腰になりそう‥‥。」と
ヨタヨタ前を通り過ぎました。

アコんにち以上に寺町の古い町屋に住んでらしゃるし、冷えたんですね。
クリスマスのキャンドルナイトの時、ぎっくり腰になりそうな友達を
友達のつだっちがゆらゆら~とゆらしてほぐしてる間、“骨と筋肉の楽しい関係”に
ついて話てくれた情景を思い出しました。

(あー、あの瞬間は、ここへの伏線か~♪ 神様ーわかりましたー!)と思いました。

「もしよかったら、自分のやれそうなことしてみましょうか?‥‥」

「ありがとう、少しでいいよ。助かるな~」カメリアーノさんはゆっくりうつ伏せになりました。

ふらふら、ゆらゆら、ふ~わふわ。アコはあの時のつだっちをイメージして
丁寧に腰から背中、腰から骨盤にかけてゆらしました。

ちょっと踏み踏みして金魚運動して終了~~~。

「今日は、冷えないように様子見ながら石引温泉行ってみますー。」
にこやかで、かわいい宇吉さんとカメリアーノさんは笑います。アコもマナも笑います。

「また来ます~♪」 「また来てね~♪」 お別れしました。

車に乗って、さ~うちらも温泉銭湯へ!

運転中マナが言いました。
「ゆれるカメリアーノさん見てて思ったんだけど、スウさんに似てるね。」

「あっ、確かに!アコも思ったかも!なんか穴の空いたセーターを
軽く着こなす辺りもすっごく雰囲気似てる。ステキなお2人やったねー。」

「そうやね~、スウさんが50代になったらあんな感じな人になりそう。
今日もステキな人たちに出会ったねー、よかったねー通信作ってー。」

マナも嬉しそうに言いました。アコもそうやな~と嬉しく思いました。

うちらはいつも虹の中を生きている。温かい虹の輪に守られてる。
[PR]
by aco_cocoa | 2007-01-19 17:54